Entry: main  << >>
メルボルン旅行記2

さて、前回の続きです

 

cityをぶらぶらするといろいろなアート作品に出会える

 

 

カモノハシの化石・・のようであるが、一部に作家のユーモアというか

ポリシーが盛り込まれている

 

 

セントパトリック大聖堂

建物が高すぎて、近すぎて全容が撮れない

屋根フェチにはとんがり屋根がそれは魅力的でした

 

 

荘厳

暖かな色彩

 

ミサが始まる前でした

 

ステンドの数が多く

その物語を説明されているプレートもあり

静寂の中、カメラ音が響く

 

続く

 

 

 

 

 

| rin | 17:49 | comments(0) | - | - |
Comment








 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

News

Comment

Category

Link