あまご玉

ガラス棒を持ち始めてから約20年

 

水中花に憧れ

ツイスト玉に憧れ

モザイクに憧れ

 

練習した技術は決して無駄にはならない

 

 

次にぶつかったのは、新しいものを生み出すこと

長い時間を費やすことになった

 

自分を見つめなおして、掘り下げて掘り下げて

試作に続く試作

ガラス以外の作品や日常の中にもヒントを探し

 

ほぼ、毎日実験

思いはあっても技術が伴わず

でも捨てられない玉の山

 

 

あまごのモチーフで作品を作り出してから

かれこれ15年くらいかな〜

 

最初ボディー色を考えた時、色を限定することにした

自分の好みの色合いにする

奥行きのある透明感の中に、銀箔でキラキラしたうろこを表現したい

それが写真の、上のあまご

7〜9色入れてます

 

そしてリアルな色合いも追及

下のあまごは色のグラデーションとそれを邪魔しないパーマーク

 

ここまでならヤマメ

 

あまごの特徴は朱色の点

この色も釣った場所により朱だったり赤だったりする

 

目も点打ちだけではなくパーツも引いて作品に入れてみる

ヒレも4〜5種類

 

芯は細くないとイメージに合わないので

離型剤によっては取れなくなってしまったこともたびたび

 

イメージの通りにできた時は、愛おしくなる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| rin | 11:01 | comments(0) | - | - |
Page: 2/543  << >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

News

Comment

Category

Link